フレームを使っているホームページを今でも時々見かける。
ナビゲーションを換えずページ移動がスムースという理由で5年ほど前まではよく使われたが、プロの作るウェブサイトではほとんど見られなくなった。
その理由は。。
1.見たままの印刷ができない。
2.「このページを見て!」というURLを伝えられない。
3.検索エンジンからクロールされない。つまりヤフーやグーグルにキーワードが引っかからない。

最近大手のサイトはテキストを主体としたページがほとんどであり、もちろんフレームを使うことはほとんどない。

しかしながらフレームを活かしつつ欠点を補うテクニックの考察も参考になるので紹介する。
フレーム2題
XHTMLへの対応も考慮したほうがよいだろう。
初めてのXHTML講座-Web for Senior

PHPのincludeなどでフレームのようなページを作ることは可能。HTMLのソース変更が必要だが、前述の欠点はある程度カバーできる。



人気blogランキング


全般ランキング

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


全般ランキング bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
簡単格安ドメイン管理
お勧めレンタルサーバ

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • Thunderbirdでメールの文字化けが起こったときの解消方法
    案山子
  • オフライン(オンラインである他のディスクと署名が競合しているために、ディスクはオフラインです。)の対処法
    トラ猫忍者
  • DHLを装ったスパムメール
    のべろ
  • Thunderbirdでメールの文字化けが起こったときの解消方法
    加藤豊
  • 知らないほうが幸せなこと
    権兵衛
  • グーグルアナリティクス どのサイト(ページ)から来たかをチェックする方法
    宅男腐女
  • 消えたサイトや昔のサイトを見る方法
    インターネットマガジン2004年5月号

Link

Profile

Search

Other