ブラウザの一時ファイル(キャッシュ)をクリアする方法

「ホームページが更新されているハズなのに、以前と変わらない」・・・
このような場合は、キーボードの[F5]キーを押して再読み込みをします。
これでだめなら、Ctrl + [F5]キー
それでもだめなら以下を試す。

1.Internet Explorer 

.瓮縫紂爾ら[ツール]→[閲覧の履歴の削除]を選択
◆虜鐔]をクリック
※最上部の「お気に入りWebサイトデータを保持する」のチェックを外す

2.Google Chrome

.瓮縫紂爾ら[ツール]→[閲覧履歴を消去]を選択
⊆,隆間のアイテムを消去:すべて [閲覧履歴]から[コンテンツライセンス]まで全てにチェックが入っていることを確認し[閲覧履歴データを消去する]をクリック

3.Firefox
.瓮縫紂爾ら[ツール]→[最近の履歴を削除]を選択
[履歴の期間]→[すべての履歴]を選択 消去する項目全てにチェックを入れ、[今すぐ消去]をクリック
starsoljp2 * ネットワークの設定 * 10:45 * comments(0) * -

インターネット一時ファイル(Temporary Internet Files)の場所

 インターネット一時ファイルの中身を見たい場合

最初に「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない のチェック外す」

■保護されたシステムファイルを表示する方法

1「スタート」→「コンピューター」をクリック

2..ツール バーから、「整理」→「フォルダーと検索のオプション」

3.表示」タブをクリックし、「詳細設定」欄から「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択して、「OK」をクリックします。

4.保護されたオペレーティングシステムファイルを表示する場合は、「詳細設定」欄から「保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない(推奨)」を選択しチェックを外して、「OK」をクリックします。

5.メッセージが表示されるので「はい」をクリックします。

■プログラムとファイルの検索で「c:¥users¥ユーザー名¥Appdata¥Local¥Microsoft¥Windows」までを検索
そこから¥Windows¥Temporary Internet Filesを辿る


 

starsoljp2 * ネットワークの設定 * 02:04 * comments(0) * -

Windows XP で NetBEUI を使う方法

Windows98やme、Windows2000やXPと混在するLAN環境でファイルやインターネットを共有する企業は未だ多数存在する。
しかし、TCP/IPでネットワーク環境を構築する場合は、そこそこの知識と手間がかかる。比較的小規模なLAN環境で手軽にネットワークを構築する場合、未だに重宝するのがNetBEUIである。
Windows XPにはNetBEUIとDLCプロトコルは含まれていない。
NetBEUI については、Windows XP CD-ROM の Valueadd¥msft¥net¥netbeui フォルダに含まれており、同フォルダの Netbeui.txt ファイルに書かれた手順で追加インストールが可能。
続きを読む >>
starsoljp2 * ネットワークの設定 * 16:54 * - * -

LAN接続(ネットワークの共有フォルダに接続できない場合のチェックリスト)

パソコン同士をLANで接続する場合に確認するためのチェックリスト。
特にWindows9x/MeとのOS混在環境でネットワークを構成し、Windows 2000 や XP を追加した場合、お互いのネットワーク共有にアクセスできない場合がある。
以下のチェック項目に従い、接続を確認していく。
続きを読む >>
starsoljp2 * ネットワークの設定 * 16:49 * - * -

Outlook Express のメールパスワードが保存できない

Windows 2000/XPのパソコンで、Outlook Express や Outlook使う場合、メールアカウントの「パスワードを保存する」にチェックをしているにもかかわらず、毎回入力しなければいけないことがある。
これはユーザープロファイルレジストリに問題があるので、次の手順で問題のキーを削除する。
続きを読む >>
starsoljp2 * ネットワークの設定 * 09:02 * - * -

Pathping PingとTracertを組み合わせたコマンド

Pathpingは、PingとTracertを組み合わせたコマンドです。さらにPathpingでは、ノードやリンクに対するネットワークの統計情報の調査を行うことができます。Pathpingを実行するには、Tracertと同様に対向ホストを指定します。

Pathpingの結果は、ネットワークパスと統計情報から構成されます。ネットワークパスはTracertとほぼ同じです。統計情報は、ノードとリンクの品質(パケットロスの割合)となっています。
starsoljp2 * ネットワークの設定 * 10:04 * - * -

Ping 通信の相手(ホスト)と接続を確認するコマンド

Pingは、通信の相手となるホスト(対向ホスト)との接続を確認するコマンドです。Pingの引数に対向ホストのIPアドレスを追加して実行すると、その接続性が表示されます(画面3)。画面の結果メッセージが「Reply from」であった場合には、接続が成功したことを意味します。また、その際には、「Reply from」に続き、ラウンドトリップ時間も表示されます。「Request timed out」や「Destination Host Unreachable」などのメッセージの場合には、接続の失敗を意味します。

続きを読む >>
starsoljp2 * ネットワークの設定 * 09:50 * - * -

ping TCP/IPの通信を確認するコマンド

Pingは、通信の相手となるホスト(対向ホスト)との接続を確認するコマンドです。Pingの引数に対向ホストのIPアドレスを追加して実行すると、その接続性が表示されます(画面3)。画面の結果メッセージが「Reply from」であった場合には、接続が成功したことを意味します。また、その際には、「Reply from」に続き、ラウンドトリップ時間も表示されます。「Request timed out」や「Destination Host Unreachable」などのメッセージの場合には、接続の失敗を意味します。

Pingでは、対向ホストだけでなく、自ホストやデフォルトゲートウェイに対しても同様にテストを行うことができます。自ホストでは、自分のIPアドレスだけでなく、「127.0.0.1」という特殊なIPアドレス(ループバックアドレス)を指定することで、ネットワークドライバやプロトコルが正常に動作していることも確認できます。

続きを読む >>
starsoljp2 * ネットワークの設定 * 17:23 * - * -

ipconfig IPアドレスの確認方法

突然ネットワークがつながらない。インターネットに接続できない。動作状況を見ると送信のパケットは数値が上がっているが受信パケット数は0のまま?!

そんな時は「IPアドレスが取得できない」というケースが考えられます。

まずは下記の手順でIPアドレスを確認してください。

IPアドレス確認1
続きを読む >>
starsoljp2 * ネットワークの設定 * 17:13 * - * -